set_context

matplotlib

[seaborn-image] 4. rgbplotでRGB画像を分割表示

はじめに Seaborn-imageはmatplotlibベースの画像可視化ライブラリであり、簡潔なコードで画像データを明瞭に描写することができる。データ可視化ライブラリであるseabornの2次元データ版のような感じとなっている。...
matplotlib

[seaborn-image] 3. ImageGridによる複数画像の表示

Seaborn-imageはmatplotlibベースの画像可視化ライブラリであり、簡潔なコードで画像データを明瞭に描写することができる。データ可視化ライブラリであるseabornの2次元データ版のような感じとなっている。ここでは、複数の画像を表示できるImageGridについて説明する。
matplotlib

[seaborn-image] 2. imghistによる画像とそのヒストグラムの同時表示

Seaborn-imageはmatplotlibベースの画像可視化ライブラリであり、簡潔なコードで画像データを明瞭に描写することができる。データ可視化ライブラリであるseabornの2次元データ版のような感じとなっている。ここでは、グレースケール画像とそのヒストグラムを同時に表示することのできるimghistについて説明する。
matplotlib

[seaborn-image] 1. imgplotによる画像データの表示

Seaborn-imageはmatplotlibベースの画像可視化ライブラリであり、簡潔なコードで画像データを明瞭に描写することができる。データ可視化ライブラリであるseabornの2次元データ版のような感じとなっている。ここでは、RGB画像またはグレースケール画像を表示することのできるimgplotについて説明する。
lmfit

[lmfit] 26. 指数関数的に修正されたガウス分布モデルによるカーブフィッティング

lmfitは非線形最小二乗法を用いてカーブフィットするためのライブラリであり、Scipy.optimize.curve_fitの拡張版に位置する。ここでは、データを指数関数的に修正されたガウス分布(EMG)によりカーブフィッティングする方法について説明する。
lmfit

[lmfit] 25. 減衰高調波発振器モデルによるカーブフィッティング

lmfitは非線形最小二乗法を用いてカーブフィットするためのライブラリであり、Scipy.optimize.curve_fitの拡張版に位置する。ここでは、データを減衰高調波発振器モデルによりカーブフィッティングする方法について説明する。
lmfit

[lmfit] 24. 減衰発振器モデルによるカーブフィッティング

lmfitは非線形最小二乗法を用いてカーブフィットするためのライブラリであり、Scipy.optimize.curve_fitの拡張版に位置する。ここでは、データを減衰高調波発振器モデルによりカーブフィッティングする方法について説明する。
python

[SciPy] 17. scipy.signal. argrelmin, argrelmaxでデータの極小値、極大値を検出

scipy.signal.argrelmin, argrelmaxでデータの極小値、極大値を検出する方法について説明する。