[matplotlib 3D] 42. 楕円体

matplotlib 3D
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

matplotlibのmplot3dにより、楕円体を3Dグラフ上に表示する。

スポンサーリンク

コード

スポンサーリンク

解説

モジュールのインポート

3Dグラフの設定

データの生成

楕円体は球と同様に、極座標系の媒介変数でデータを生成する。
θを0〜2π,φを0〜πとすると、以下のようになる。

$$x=acos\theta sin\phi\\y=bsin\theta sin\phi\\z=ccos\phi$$

ここでa,b,cは各x,y,z軸方向の径の半分の長さとなる。
a=b=cの場合は球になる。

[matplotlib 3D] 18. 3D surfaceプロットで球を表示
mplot3d surface plotのデモ その2 3次元空間に球をプロット

軸範囲、軸ラベルの設定

3Dグラフの表示

rstirde, cstrideはwireを描写するステップなので、rstride=4で4要素ごとにwireが描写される。colorはwireframeの色で、その他の色はこちら

スポンサーリンク

参考

スポンサーリンク
matplotlib 3Dpython
スポンサーリンク
この記事をシェアする
sabopy.comをフォローする
スポンサーリンク
サボテンパイソン

コメント