[ipywidgets] 4. interactで画像の非線形変換(渦巻き:transform.swirl)

ipywidgets

はじめに

jupyter notebookでは対話的にパラメータを調整できる機能(ipywidgets)がある。ここでは、その機能の一つであるinteract, IntSliderを使って、画像を渦巻き状に非線形変換するskimage,transform.swirlのパラメータを調整する方法について説明する。
skimage,transform.swirlについては下記で解説した。

[scikit-image] 24. 画像の非線形変換(渦巻き模様:transform.swirl)
ここでは、skimage.transformのswirlを用いた画像の非線形変換(渦巻き)について説明する。

コード

コードをダウンロード

解説

モジュールのインポート

画像の読み込み

ipywidgetsの設定

IntSliderのパラメータで、minは選択可能な最小値、maxは選択可能な最大値、stepは変化可能単位, valueは初期値となる。

ipywidgetsを適用した図の表示

@interact(strength=strength, radius=radius)でipywidgetsで変化させるパラメータを有効にする。

スライダーでパラメータを変えるたびに、plot(strength, radius)が実行されることになる。
swirl()については、下記で解説した。

[scikit-image] 24. 画像の非線形変換(渦巻き模様:transform.swirl)
ここでは、skimage.transformのswirlを用いた画像の非線形変換(渦巻き)について説明する。

パラメータを調整したときの図の変化

参考

Swirl — skimage v0.17.dev0 docs
ipywidgetsの使い方

コメント